今までよくあがり症の苦痛に耐えてくれました。もうご安心ください。

もし、2つのことをすると約束していただけるなら・・・
精神科医を筆頭に心の専門家があなたが今、苦しんでおられる
あがり症や不安感・マイナス思考を捨て去っていただきます!

98%の方に効果のあったそのあがり症克服方法とは? ⇒ 詳細はこちらをクリック

あがり症、不安感、マイナス思考を克服しなくても、生きていけます。

歩くイメージ生きていけますが、経験からお伝えしますと、圧倒的に「ストレスフル」な生活を強いられます。それだけなら、まだいいのですが、あがり性とは明らかに違うのです。では、あがり症とあがり性は同じように「あがりしょう」と読みますが、具体的にどう違うのでしょうか?

あがり性は、人前で顔が赤くなる、手が若干震える、発表のとき緊張する。ですが、「しょうがないな」と苦笑いしながら、うまくできなくても実際に最後までやり遂げることができ、なおかつ、次の依頼も怖くないという定義ができます。

一方、あがり症は・・・

・最後までやりとげれないことがある(いわゆる頭が真っ白になるという経験)
・やりとげられても、次の依頼は絶対に受けたくない
・以前と似たような場面に遭遇すると逃げ出したくなる
・その苦い経験が、ときおり頭をよぎり、ブルーな気持ちになる
・赤面や手の震え、声の震えが気になってしょうがない
・ひとつの失敗にこだわってしまう
・突然、言いようもない不安感に襲われることがある

上記のひとつでも当てはまれば、あがり症です。この症状は、体からの危険信号のサインです。単なるあがり性だと思っていたら、本当につらい思いをするかもしれません。

と申し上げますのには、理由がございます。

人ごみイメージあがり症は、抑うつ状態・パニック障害・社会不安障害・恐怖症・不安神経症の予備軍、もしくはもうすでに発症している可能性があります。欧米では、いわゆる精神科や神経科・心療内科への受診が一般的です。映画でも受診のシーンが自然にでてきます。ですが、日本ではまだまだ遅れていると言わざるを得ない状況です。(先進国での自殺者数の数を見れば歴然です。)うつ状態の方が自殺に向かうのは、周知の事実ですが、計画的ではなく、突発的に行動を起こしてしまうことに危険があるのです。私は、うつ状態の一歩手前の「抑うつ状態」でしたので、自殺をよく考えていましたが、救われました。

マイナス思考も、大きなストレスがかかりますので、自律神経の変調、免疫力の低下により様々な病気の引き金になってしまいます。家族を持つ身でありながら、不安感や動悸・めまい・手の震えやしびれがつらくて、真剣に自殺を考えていました。今は、2度目の人生を生きていると本気で思っております。私は、無宗教の人間ですが、心の底から「私と同じ思いで苦しんでいる方のお役に立ちたい!」と常に考えております。

正しい知識があれば自宅で治療する事は簡単です。 ⇒ 詳細はこちらをクリック

あなたの助けになりたいです。

ある2つのことを知れば、あがり症・不安感・マイナス思考を克服し、あなたらしい素晴らしい人生を楽しむことができます。

セミナーイメージ効果の現れ方のスピードの個人差はもちろんございます。早い方は、一度マニュアルをお読みになって「もう大丈夫です!」とメールを下さる方もいらっしゃいます。一度読んだだけでは、すぐに劇的な変化を感じなかった方も「以前の自分よりは、よくなってきましたよ」とメールの交換をしながら、おっしゃっていただくのは、本当にうれしいことです。あがり克服するのは、自分自身のためなので、人と競争するものではございません。

私は重度だったので、2年かかりました。しっかりとじっくりとお手伝いさせていただきます。本来の自分を取り戻してください!!つぎは、あなたの番です!

欧米では当たり前の精神科や心理カウンセラーへの相談が日本では、まだまだ遅れています。そして、一人でつらい思いをしている方に、メールという手段を使って敷居を低くし、専門家のアドバイスを受けていただく場をご提供するというものでもあるのです。

精神科に相談に行ってみたいけど、、、、周りの目が気になるし、
カウンセリングは高額だと聞くし、、、、、何回も通うほどお金に余裕はないし、

ご安心ください。簡単にはお答えできないことも当然でてきます。そのような時は、専門家がご相談内容にお答えいたします。これは、訪問者さまに非常に喜んでいただいております。あなたは変われます!あがり症を克服できます!克服するのはカンタンだと知ってください!

「わたしは昔からマイナス思考だから・・」
「自分は昔から、あがり症だから。。」

という、人にこそ本当に変われるのだ!!ということを知っていただきたいです。電車に乗れなかった自分でもあがり症を克服できたのです。精一杯、私もサポートさせていただきます。どんな疑問点や、お悩みでも結構です、メールください。直接、お返事させていただきます。

あがり症克服のためのサポートを受けたい ⇒ 詳細はこちらをクリック

お知らせ&更新履歴

2011/01/22
相互リンクサイト追加
2010/06/14
ホームページリニューアル。
2010/06/08
ホームページURL移転しました。
2009/12/22
トレーニング法を追加。
2009/12/04
トレーニング法を追加。
2009/12/03
あがり症克服法実践レビューを追加。
2009/12/02
あがり症克服法実践レビューを追加。
2009/12/01
治療掲示板を閉鎖させていただきました。長い間ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
2009/05/01
2009年4月30日をもちまして、管理の都合上、治療掲示板を閉鎖させていただきます。予め、ご了承ください。
2009/04/21
期間限定特別レポート配布中詳しくはこちらをご覧ください。(終了しました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。)
2009/04/12
数多くいただきましたご質問をまとめさせていただき、「よくあるご質問」の項目を設置致しました。お問い合わせの際はまずご覧頂きますようお願い申し上げます。
2009/04/01
2009年4月30日をもちまして、管理の都合上、治療掲示板を閉鎖させていただきます。予め、ご了承ください。
2009/04/01
トレーニング法を追加。
2009/03/01
2009年4月30日をもちまして、管理の都合上、治療掲示板を閉鎖させていただきます。予め、ご了承ください。
2009/02/10
無料メールマガジン配信開始。
2009/02/02
治療掲示板に不具合が発生し、見づらくなる現象が発生しております。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。現在復旧作業中ですので治療掲示板の閲覧をお控えいただくよう、お願い申しあげます。
2008/09/25
只今相互リンクしてくださるサイト様募集中です!
2008/09/23
ホームページ開設。

講師よりメッセージ

あの苦しかった日々を思い出すと、同じ思いで苦しんでいる方の役に立ちたいと心から思います。

今は、簡単にはお答えできない悩みやご質問には専門家達に聞いてからお答えさせていただいております。「あがり症・マイナス思考克服実践会」でもたくさんの経験を積んできました。

更に訪問者さまのお役に立てるように、昨年4月からはPSWになるため、また学校に通っております。

ホームページでは、ほんの一部しか掲載できなかったたくさんのお喜びの声が私の誇りです。

わたしが今、このホームページをご覧いただいているあなた様にひとつ自信をもって言えることがあります。

それは、あがり症を克服するために、「正しい知識を得て、それを実践してみてください」です。

たくさんの方の相談に乗らせていただいてきて、はっきりと分かる事があります。あがり症を克服できない多くの方の特徴は、行動に移されないという共通点がございます。本気で克服したいと思われるならば、勇気をだして一歩を踏み出してみてください。きっと後悔はしません!一緒に頑張ってみませんか?皆さまのご参加をお待ちしております。

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。今まで治療をされてきた方の感想などを中心に不定期で配信しています。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

逆アクセスランキング

※全てのランキングはこちらからご覧いただけます。このランキングへの参加方法は当サイトへのリンクを貼るだけですと簡単です。